2017年03月31日

秋色の電車が通る〜南武線開業90周年

    三番線がわのベンチから、じっくりとE233系8000番台のまだ新しい車体を眺めつつ、南武線のこれまでとこれからに思いを馳せている。

    東京と神奈川のさかいめ辺りを走っている南武線が、今年で90周年を迎えるというので、遠出のついでではあるが、途中の武蔵中原駅で降りてみた。
    川崎と立川を結ぶ35.5kmの南武線には、横浜線の「はまかいじ」のような特急の設定はなく、昔のように青梅線に直通する臨時列車は季節が限られごくわずかになっている。昔は青梅線の奥多摩や、中央本線・長野方面と東京湾臨海部とを結ぶ貨物路線としての色合いも濃く、電気機関車がじっくり引っ張るながい長い貨物が昼夜行き来していたと聞くのだが、今では並行する武蔵野貨物線のほうがずっと便利で、この南武'本'線を走っているのは中央線の快速と各駅のあいのこのような、秋を思わせるカラーリングの6両編成だけである。15分置きくらいの普通電車と時々気まぐれのような快速電車である。

90th_Anniversary_NambuLine_01.JPG

    電車の写真を撮ったり、見たりする人には、ちょっと物足りない路線かもしれないけれども、私は今の主力のE233系が出てくる前の、205系やE209系が仲良く顔をあわせるような頃から南武線を見知っていて、多少のおもいでも出来た。
    ひとには感傷と言われるようないくつもの思い入れがあったりするから、こんな折に再び訪ねてみようと思ったのかもしれない。


90th_Anniversary_NambuLine_03.JPG 90th_Anniversary_NambuLine_05.JPG 90th_Anniversary_NambuLine_04.JPG

2017年3月9日 Y.Toriyama

posted by Y.Toriyama at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電車
検索ボックス