2017年05月26日

ロマンスをもう一度

Romance_Car_Odakyu_05.JPG

東京の私鉄のなかでもっとも幅広く有料特急を走らせているのが、小田急電鉄ではないか。

ロマンスカーの名前で有名な同社の特急電車はその数も多く、カメラを持っていない日でも、沿線のカフェにでも入ってくつろぎながら列車ウォッチングができる楽しい路線である。

Romance_Car_Odakyu_01.JPG

新宿を起点とする小田急線は、東京都を横切り、多摩川を渡った後は神奈川県に入り、途中枝分かれして、一方は藤沢・江の島方面へ、もう一方は箱根の山を目指して西へ進み、小田原・箱根湯本方面へ進んで行き、一部はJR東海の御殿場線経由で富士山の東山麓である御殿場まで乗り入れる列車もある。

小田急ロマンスカーのうち、湘南の海を目指すのは「えのしま」、相模の国を走り抜けて、歴史の町小田原を目指すのは「さがみ」、さらに箱根登山鉄道に乗り入れて山を上っていく列車には「はこね」の愛称がそれぞれつけられている。ロマンスカーのCMでよく見る美しい景色はこのはこねではないか。また、2・3時間おきに運行されている御殿場線乗り入れの特急には「あさぎり」という、何ともいえない旅情を漂わせる名前がついている。

使われている車両もいろいろな世代とカラーリングがあってそうした違いが思わず目を楽しませる。

朱色と言ったほうが正しいのか、赤色は長いことロマンスカーの伝統となってきた色である。21世紀に入ってから登場した車両も含めてすべての車両が、朱色の細帯を身にまとっていて、普通電車とは一味違った、特別な旅、ロマンスを感じさせるようなデザインになっている。

また、近いうちには車体、そしてそのよそおいを一新したリニューアル車が登場することも公式に発表されていて、さらに鉄道ウォッチングが楽しくなること、間違いなしである。


ちょっと都会の華やかさに置いてゆかれてしまったな、忙しさにため息が続いているな、なんてときには、ロマンスカーでちょっと遠くへ足を延ばしてみるのも素敵な日になるのかもしれない。

Romance_Car_Odakyu_04.JPG
Romance_Car_Odakyu_02.JPG
posted by Y.Toriyama at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電車

2017年05月16日

二つの古都、走る路面電車

IMG_5740.JPG
 あら早いわね、藤沢行きがもう来たわ。

ちょっと戸惑って、ああ、なんだ。よくみれば、いつもの北野白梅町ゆきの嵐電北野線でした。

してやられた、と少しくちびる噛んだのですが、こうして色とりどり、さまざまな装いの見られる嵐電は楽しいものですね。

 薄いか濃いかでいえば、深いむらさきいろした一両編成。これが嵐電のトレードマークですが、濃いみどりにベージュの帯して走る電車はどこか見覚えがあるけれど、ここではない。きっかけは、どちらも"古都"を走る路電どうし、といったところでしょうか。東と西でずいぶん離れた、江ノ電と嵐電ですが、いちおう二人は姉妹ということなのだそうです。


 本当の姉妹ではないけれど、遠く離れて、といって連想の糸をつないでゆくと、鎌倉を舞台にした小説「山の音」を書いたのは川端康成でしたが、川端さんの作品に「虹いくたび」という作品があったのを思い出します。主人公と言ってしまうと語弊がありますが、作品をつくるのは若い三姉妹。しかし、実は三人とも父親は同じで母親がそれぞれ違う、いわゆる腹違いのきょうだいなのです。そして、わけあって末の若子だけは京都で生まれ育ち、自分の知らない妹がいることをそれとなく感じた二女の麻子が、東京からはるばる京都へと妹を探しにくる、というところから始まるお話だったと思います。

 もちろん永く歴史の舞台とされた京都の街は、何かと作品のモチーフにされがちなものですが、ただ観光の名所を並べただけで通っているそれらとは違って、川端さんのじっくりとした観察の眼、そして流麗かつ簡潔な筆づかいによって、京都の風物がありのままに、そして全体に効果を与えるようにきれいに切りとられていたように思います。


 川端さんと呼んでいるのは余りになれなれしいようですが、川端さんのほかの作品である、京北の北山杉の里を舞台にした「古都」へと読書の散歩みちをのばしてみても面白そうです。ただ、こんな折ですから、何度も読みかえしてセリフの逐一までおぼろげながら覚えてしまった「虹いくたび」を、またはじめからページを繰ってみたいと思うのです。


2017/5/7
posted by Y.Toriyama at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記