2017年09月18日

淡い望郷

Take_me_home.JPG

             背の高い送電線がまっすぐに伸びる線路の上に続いていて、夕やみに沈んでゆく薄暗い街を見渡すように二、三羽の黒いカラスが微妙な間隔をあけてとまっている。時折、何か呼びかけるようにカラスはかあかあと鳴いたが、足元を貨物列車が通るとそれぞればらばらの方向に飛んでいった。石油の積まれたタンク、赤紫色のコンテナがいくつか続いて、石灰石の入ったらしい有蓋車。単調な貨車の音が線路を走り去ると、一羽は北へ、また一羽は西のほうへ、そしてまた一羽は違うほうへと散りぢりに飛んでいった。

              電灯で明るい電車を待つのとは違って、機関車につながれた貨車はどこまでも無機質で、普通では聴かないようなモーターか何かの大きな音が機関車が過ぎるとき、こちらの息をあっと潰してゆくようだ。

              東海道貨物線には日本各地からの貨物列車がやってくるが、それがどこからやってきたものなのかは、だいたい機関車の横っ腹にあるプレートを見ればいい。今行った列車はおそらく愛知、滋賀、京都を超えて、さらに西へむかう長い列車なのだろう。日没間際に東京を出て、暗い線路を足元ちかくだけを照らしながら、やすみなく西へ西へと東海道を下ってゆく貨物列車を私は思ってみる。ただ、それは夢を追った上京の旅の逆戻しでしかなく、厳しく言えば甘えのような妄想に過ぎないのかもしれない。

              私はこんな夕暮れ時に、都会へ出るために裸の蛍光灯がやけに眩しいようなこのホームで列車を待っている。電車はそのうち来ることだろう。また貨物が目の前を通り過ぎた。ヘッドライトをつけて明るいのは頭の電気機関車だけで、あとは黒光りするタンクやコンテナがただ無関心に通り過ぎてゆくだけである。それなのに私はどうしてもそこに懐かしさを求めたりして、できることならば時折現れる荷物の積んでいない空の台車にとび乗って、夜中でも帰ってしまいたいような思いに震えている。ただ、信号は青になって列車は徐々にスピードを上げて走り去ってゆくと、私の淡い思いはあっけなく撥ねのけられてしまったように感じた。

2017/3/24 鳥山 柚樹

posted by Y.Toriyama at 06:00| フィクション