2017年08月06日

みずうみのむこうに

東海道本線の米原から京都まではちょうど湖に沿って走るようだから、琵琶湖線という愛称で呼ばれている。途中の彦根から乗った上り電車はやけに空いていた。花火大会があるらしく、彦根では降りてゆく人ばかりを見ていたこともあって、平日の夕方だというのに珍しいじゃないか、と私は言った。きっとこの後の近江八幡で新快速に追い抜かれるダイヤゆえのことであろう。列車は次の安土に着いてドアを開いたが、冷えた空気がホームを一瞬癒しただけで徒らだった。


ずいぶん気の抜けた旅をしているようであるが、今日はひとまず、この窓の外の琵琶湖のむこう、そのひと山越えたさきの京都の街まで行かねばならない。むろん、このままがら空きの普通電車に揺られていれば、ひと眠りでもするうちに京都には連れていってくれるのだが、長い湖畔と山越えの道という距離をむかしの旅人の草鞋のほころびに換えてみたりすると、ふとため息が出るのである。ちょうど列車の向きが太陽の沈むのを追いかけるような形なのが、私にそんな想像をさせるのかもしれない。


米原と京都のあいだ、道程も半ばにさしかかると、いよいよ夕暮れも終いになって、湖西に立ちこめた雨雲だか、比叡・比良の山脈だかに赤い太陽は隠れてしまって、浮雲の横っ腹をむらさきか紅に染めるばかりで、水際は遠く沿線に広がる圃場やその中に散らばる家々は、夕時の風景の中に押し黙ったように暗く沈んでいる。


旅の疲れか、明日への気怠さか、私の視線の行くさきは自然とほおづえをついて眺めみる窓のそとである。舞台の幕が閉じてゆくように日が暮れる、夜のとばり、とはよく言ったもので、東の空はもう夜の色をしているのに、西のほうを向けばかえってあかあかとして、湖の上に広がる大きな空に壮大なグラデーションが映るのである。


大津あたりも近くなって、そのうち車窓に黄色い光がぽつぽつ浮かびだせば、このあいまいな時間は終わりである。そして美しく眺めた広い空も、しょせん光に色付けされたものであったのか、と思い知る切なさがあとに遺るところだが、こんな空の儚さは祭りのあとの線香花火のようだね、と私は言った。


2017年8月6日 鳥山 柚樹
posted by Y.Toriyama at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180570514
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索ボックス