2018年02月26日

街を離れて〜JR相模線〜

 川崎から東海道線に乗り数十分。茅ケ崎の駅に降りてみた。茅ヶ崎だったか隣の辻堂だったか、ずっと前に海を見るのに湘南には来てみたことがある。

 ただ、今回の途中下車は、ここから相模線という路線に乗り換えるためである。相模線ホームは一番線であるから、ひとまず階段を昇ってうえを渡らなくてはならない。E231系を降りるなり、ホーム中程へと歩いていると、東海道線の発車メロディーはなんだか聴き慣れた音楽である。電車がホームの端に小さく消え、見えなくなって、ふとひらめけば、湘南といえばサザン、サザンオールスターズの『希望の轍』である。あいにく季節は冬だけれども、なんだか粋だね、と私は言った。

sagami_line_01.jpg

 首都圏ではもう珍しい205系に揺られて三、四十分。降りてみたのが相武台下という駅である。通勤ラッシュとお昼のあいだの閑な時間とあって、ここまで乗ってきたのは早引きらしい学生たちがちらほらと、あとは私くらいであった。七人掛けのロングシートはがらあきで、窓に手をかけ外の景色を眺めるに、列車は住宅街のなかを抜け、次第に田畑ののどかさを沿線に加えてゆくようだった。

 相模線は上り下りが同じ線路をゆく、単線の路線である。相武台下駅はその数ある行違い駅のひとつだが、小ぶりながらも島型ホームの西側には留置線のような側線がいくつもあってややおどろいた。ただ、そのレールはどれも錆びきっていて、何ともさみしい色をしている。

sagami_line_03.jpg

 駅のホームの西側の、側線の向こうはずっと遠くまで田んぼか何かが続いていて、そのあたりを吹きぬいてくる乾いた風が、ホームに佇む私の頬を冷たくする。次の電車はいつだか知らないが、ベンチに腰かけそちらを見やれば、一番遠くのレールは田畑に栄えた草々の枯れたのに埋もれて、そのさかいめが分からなくなってしまっている。そのためなのか、丹沢の山を臨む冬景色にはすずめの群れがたわむれて、枯れ畑に生えようとする若いみどりをついばむか、何も知らぬ鳥たちはその境界を知らずに小虫を追って春支度を続けている。

 おっと、遠くで踏切の音がする。橋本行きの下り電車が単線をゆっくりこちらへ近づいてくる。見失っていた地平線、空の広さが忘れがたく、この次の列車まで待ちたいが、手袋を忘れた手の甲がちょっぴり冷えすぎてしまった。

sagami_line_02.jpg

Copyright 2017 TorisFactory.com YUUKI Toriyama All Rights Reserved.
posted by Y.Toriyama at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180916428
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック