2017年10月18日

"回らない"大阪環状線

東京の人が大阪へ来て、なんばにでも行こうと大阪環状線に乗り換えようと思うと困ってしまうことがしばしばある。"環状線"というのだから、ひたすらぐるぐる回る、西の山手線のようなものだろう、というのが関東人の論理であって、列車を待ち並ぶための乗車位置がいくつもあるのがよくわからないのである。

IMG_7549 - コピー.JPG
次の電車は何分だろうと、人混みの頭のあいだから電光表示板を見つけると、確かに山手線のように3分、5分間隔で来るようだ。たしかに大阪も大都市である、と納得するのだが、それも束の間、けたたましいホーム・メロディーと共にやってきた電車は"関空・紀州路快速"とかいていて、頭はもうクエスチョンマークである。数分前のわたくしの行いを振り返ってみても、ホームを間違えているわけではなく、確かに大阪環状線のホームである。"紀州"とはもちろん和歌山あたりのことだろうが、大阪駅も広いのだからほかのホームから出そうなものである。

とりあえず、というのが関東人の癖だから、次の電車を待ってみると、やってきたのはオレンジ色の201系。えぇ、と声が出てしまった。どうして梅田に往年の中央特快がやってくるのだろう。JR東日本ではもう国鉄系車両はほとんど消えてしまったが、西日本では部品や内装を新しいものに取り換えて、古い車両とも長く付き合う、いわゆる延命工事をやっているそうで、思いがけず懐かしい電車に出くわして驚いて、思わず声に出してしまった。

IMG_7564 - コピー.JPG
どうやらこの"中央線快速電車"が正解らしく、こともなく東回りに半周回って、新今宮で乗り換えて、JR難波の駅に着いた。土地勘がまったくないと難波の地下駅も出口がさまざま、難しい駅であるが、あたふたした電話口のわたしの声をくみとって改札口まで出迎えに来てくれた。つきあいの長いふるい友人だったが、大阪で会うのはほぼ初めてだったといっていい。

彼は程よい早口で、リズム感豊かな関西ことばですっきり話す男であるが、新幹線を降りてからの事の顛末を彼に語ると、ああ合点なるほど、といった顔でてきぱきと教えてくれた。


山手線で一大ターミナルというと東京駅であるが、それと対になるのはちょうど向かいにある新宿駅である。これと同じように、大阪駅と対になるのが新今宮の次の天王寺という駅である。新宿駅から中央線が西へ伸びているけれども、同じように天王寺駅からは東へ大和路線、南へ阪和線が伸びている。

中央線の場合は山手の円を横切る御濠端の線路があるから構わないが、大阪環状線にはそれがないから、大和路線・阪和線からの電車を大阪まで通すために環状線の線路を使わせているのである。


たしかに山手線も途中、埼京線や京浜東北線なんかと並走することはあるけれど、彼らが山手線の線路にまで入ってくることはない。だから、上り・下りの単複線の環状線にいろんな行先の列車が走るのはものめずらしく映るのであった。

しかし、これを聞いてもなんだか腑に落ちない気がするのは、環状線なのに回らないのか?と思うからである。出会って早々こんな話ばかりなのは私も仕方ないが、嫌でもなく教えてくれるのだから彼はほんとうに優しいやつである。


これは後でじっさいに奈良方面から"大和路快速"で大阪まで乗ってみてやっと納得したことであるけれど、大阪へ上ってくる快速は天王寺から新今宮、弁天町、西九条、福島と環状線の西側を回って大阪駅までやってくるが、ここから何事もなかったかのように天王寺行きに変わり、環状線の残り東半分を各駅停車としてゆくのである。逆に和歌山や奈良へ向かう下り電車は大阪駅始発ではなく、天王寺が始発で、寺田町、桃谷、京橋なんかを回って、大阪駅から快速運転になって、もいちど天王寺を通って各地へ走ってゆくのである。なんだか数字の6を裏返したような路線図で、回る部分では半周は慣らしでもしているかのようで面白い運転のしかたである。

もちろん、山手線のようにぐるぐる回るだけの列車もあって、それがさっきのオレンジ色の国鉄系である。ただ、これも時には輪っかをはずれてユニバーサルスタジオのあるほうへ行ったりするから気を付けないといけない。


一つのホームにいろんな行先の列車がくる、いろんな時代の列車がくる、同じ線路の上にいろんな電車を通す臨機応変なやり方は、商人の街・大阪のやりくりじょうずな気質を反映したものかもしれないし、何事にしてもとかくお堅く考えがちで発想の柔軟さに欠ける関東人も学ぶところがあるのではないかと思ったりした。



鳥山 柚樹
posted by Y.Toriyama at 12:58| Comment(0) | フィクション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: