2018年04月10日

遠くで汽笛を聴きながら〜尻手短絡線〜

shitte_station_01.JPG

望遠レンズゆえの圧縮効果で、ものすごく深い谷をのぼってくるような写真に見えているが、実際は多摩川の水が均した平らな町・川崎を走る南武線の一枚である。

東京近郊の路線図を見て、この辺りへ初めて来た人には川崎・尻手・八丁畷あたりのトライアングルはだいぶ込み入った路線に見えるらしい。確かに川崎駅から下り立川ゆきに乗って尻手へ向かうと、駅の手前で左手から何やら線路が合流して、しばらく複々線のようになるから意外である。ただ、列車が発ってしばらくすると、次の矢向に着くすぐ前に線路は再び離れていって、もとのとおりの複線に戻るのだから、あれは何だったのかと不思議である。

shitte_station_02.JPG

尻手のあたりは国道一号線を渡る都合もあってか、うずたかい盛土のうえにつくられている。だから隣の川崎駅や矢向からは、坂をのぼってくるようなのである。

踏切にせずにわざわざ高いところに駅をつくったのは、おそらくであるが、ここ川崎が産業の町であったからである。いまでは南武線を立川から直通する貨物列車も無くなってしまったが、ここはかつて電気機関車と貨物の行き交う貨物の街道であった。橋上の線路では石炭・石灰石など原材料を運び、下の道には工場で作った工業製品をトラックでとめどなく走らせる。そんな思想がこの尻手の複々線をつくったのではなかろうか。

今ではもうもてあましたように暇な線路に、時折貨物列車が通るとき、高度経済成長期の残響をレールの音に聴くのである。

2018年2月27日 鳥山 柚樹

posted by Y.Toriyama at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182596479
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック