2017年11月11日

古いノート・ブックより

 東西に走るながい長い列車に乗り、沼津そして東京を目指している。浜松を出たあたりからの単調な景色に輪をかけるように、富士山の見える手前で日が暮れて、てもちぶさたにうつらうつらとまどろみかけていた。夕闇がさきか、雨雲がさきか、列車は東に向かうにつれて、窓のガラスを斜めのしずくが伝うようになっていた。

 ふと目覚めたところが近くに学校のある駅らしく、ホームに電車が入るなり、にぎやかな声の様々が流れとなって電車を包みこんだ。ドアが開けば色とりどりの傘を閉じたセーラー服の学生たちで、再び列車が走り出すと、杖代わりに床についた雨傘の穂先から細い川がいくつも流れて、外の雨降りを思わせた。

toukaidou_line.jpg

Copyright 2017 TorisFactory.com YUUKI Toriyama All Rights Reserved.
posted by Y.Toriyama at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電車

2017年08月21日

どこまでも続くレール、貨物列車

 今日の旅の始まりは神奈川県川崎市のはずれにある、八丁畷駅である。鉄道というと我々が直接乗って交通手段として使う旅客線が主役になりがちだけれども、歴史的に見れば自動車輸送がここまで発達していなかった昔においては貨物列車も非常に重要であったし、今日でも、あからさまに人目に出ることこそ少ないが、裏の主役ともいえる。ここ八丁畷駅がある浜川崎線(南武支線)は細長い日本の東西を結ぶ東海道貨物線の一部となっていて、旅客電車の合間あいまに多くの貨物列車が走っている。

 そんなわけで浜川崎線の取材をしに来たのだけれども、京急線で品川方面から各駅停車で京急の同名の駅に降り立って京急800系の出発を見送っていると、その間に同じタイミングで上の高架駅のほうに浜川崎線205系がトコトコとやってきた。よくダイヤを調べてくるんだった、昼間だから次まで30分くらいは待たなければ、とため息をついた。この駅は京急とJR東日本の共用駅で、一階の京急線のホームと二階の浜川崎線ホームは階段でつながっているのだけれども、駅の中をかけらかすのも行儀がよくないから仕方ない。

Hamakawasaki_Line_Freight_train_01.JPG

 沿線に一つの町内会のような大きなマンションが再開発で建って、それに合わせて新駅なども無人駅ながら作られたから、朝晩はそれほどでもないが、通勤ラッシュが過ぎてしまえば、短い二両編成の205系の旅客線より、長い貨物列車の行き来のほうが多いのが常である。

 長大な貨車を引っぱる電気機関車の額には、普通の電車のように行先は書かれていないが、機関車の横顔にはめられた「吹」や「愛」、「岡」のような文字が遠い貨物のふるさと、あるいはゆくさきを物語っている。

Hamakawasaki_Line_Freight_train_03.JPG

 浜川崎と尻手のあいだの3、4個の小さな駅を、途中すれ違いも無く、一本の205系が行き来するだけの昼間のダイヤのあいだに、全国各地から東京を目指して夜通し走り抜けてきた長いながい貨物列車がラストスパートをかけてゆく風景は、写真を撮りながら見ていてとても不釣り合いのようだけれども、これがまた浜川崎線の魅力だったりする。

 貨物列車らしく機関車は武骨な顔立ちをしていて愛着を持つには簡単ではないだろうが、どこまでもレールはつながっていることから想像を膨らませて、この機関車が走ってゆくなつかしい日本のどこか、まだ見ぬ日本のどこかに思いを馳せたりするのである。

鳥山 柚樹

Hamakawasaki_Line_Freight_train_02.JPG Hamakawasaki_Line_Freight_train_04.JPG
posted by Y.Toriyama at 05:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 電車

2017年05月26日

ロマンスをもう一度

Romance_Car_Odakyu_05.JPG

東京の私鉄のなかでもっとも幅広く有料特急を走らせているのが、小田急電鉄ではないか。

ロマンスカーの名前で有名な同社の特急電車はその数も多く、カメラを持っていない日でも、沿線のカフェにでも入ってくつろぎながら列車ウォッチングができる楽しい路線である。

Romance_Car_Odakyu_01.JPG

新宿を起点とする小田急線は、東京都を横切り、多摩川を渡った後は神奈川県に入り、途中枝分かれして、一方は藤沢・江の島方面へ、もう一方は箱根の山を目指して西へ進み、小田原・箱根湯本方面へ進んで行き、一部はJR東海の御殿場線経由で富士山の東山麓である御殿場まで乗り入れる列車もある。

小田急ロマンスカーのうち、湘南の海を目指すのは「えのしま」、相模の国を走り抜けて、歴史の町小田原を目指すのは「さがみ」、さらに箱根登山鉄道に乗り入れて山を上っていく列車には「はこね」の愛称がそれぞれつけられている。ロマンスカーのCMでよく見る美しい景色はこのはこねではないか。また、2・3時間おきに運行されている御殿場線乗り入れの特急には「あさぎり」という、何ともいえない旅情を漂わせる名前がついている。

使われている車両もいろいろな世代とカラーリングがあってそうした違いが思わず目を楽しませる。

朱色と言ったほうが正しいのか、赤色は長いことロマンスカーの伝統となってきた色である。21世紀に入ってから登場した車両も含めてすべての車両が、朱色の細帯を身にまとっていて、普通電車とは一味違った、特別な旅、ロマンスを感じさせるようなデザインになっている。

また、近いうちには車体、そしてそのよそおいを一新したリニューアル車が登場することも公式に発表されていて、さらに鉄道ウォッチングが楽しくなること、間違いなしである。


ちょっと都会の華やかさに置いてゆかれてしまったな、忙しさにため息が続いているな、なんてときには、ロマンスカーでちょっと遠くへ足を延ばしてみるのも素敵な日になるのかもしれない。

Romance_Car_Odakyu_04.JPG
Romance_Car_Odakyu_02.JPG
posted by Y.Toriyama at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電車