2018年07月19日

ディーゼルが通るふるい駅〜JR関西本線〜

tuge_station_01.jpg

 柘植と書いて、「つげ」と読ませるのだという。三重と滋賀のさかいめあたり、関西本線と草津線とを結ぶ、まあターミナルである。

 改札を兼ねた一番線ホームから橋を渡って降りる三番線、こちらには草津線のクリーム色の電車が停まっていたり、電化がされている。ただ、ふと見れば一・二番線には架線が張られていない。なるほど、それで空が広く見えたわけである。木造りの風情ある駅舎と、まわりを囲む青々とした山のみどりがきれいである。

 空の色だけを見て、ああ夏だ、などと思うのはやや早とちりかもしれないが、うっすら白いもやのかかった青い空に、私は季節を感じるのである。梅雨のなかやすみのよく晴れた日、草木の吐息、あつい水蒸気に空はうっすらかすんでいる。森も林も呼吸をしている証拠である。

 休日の昼間ということもあろうが、一時間に一本と、かなりあっさりとしたダイヤだから、待てど暮らせど列車は来ない。しかし、駅舎は昔の名残か、長いばかりのホームの端をやたらともて余している。

Copyright 2017 TorisFactory.com YUUKI Toriyama All Rights Reserved.
posted by Y.Toriyama at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電車

2018年06月26日

京都宇治・萬福寺散歩〜JR奈良線〜

manpuku_temple_08.jpg

 京都駅から稲荷山を東にみて南へ進み、奈良へと向かうJR奈良線が好きである。単線ゆえに途中の駅で上り電車と下り電車のすれ違いなんかがあって、駅よこの踏切なんかに立っていると、京都行きと奈良ゆきが隣り合わせに並んでいるのを見ることがよくある。平安京と平城京、いづれも古都とは呼ばれるが、「古」くなった時代に大きな隔たりがある。”みやこ路快速”とはみごと私の感慨にはまるネーミングであるが、二つの古都を行ったり来たりする電車の窓辺に寄りかかっていると、終点に近づくにつれ空間よりもなんだか時間を旅しているような錯覚を抱きがちである。

manpuku_temple_06.jpg

 光源氏亡きあとの続編が有名な宇治十帖で、通り過ぎるときの駅名標を見て、浅学な私でもぴんとくる。そんな宇治駅は京都からたどれば八つ目の駅であるが、その一つ手前に『黄檗』という馴染みなしにはうかつに読み上げるのもあやしい小さな駅がある。

 きっかけはひょんなことで、古色・日本の伝統色を調べるなかで黄蘗色(きはだいろ)という色に出会うことがあった。純粋なレモンイエローとはまた違った、深みがある黄色である。和色の辞典のようなものがあって、黄蘗色を引いてみると、キハダとはあるミカン科の植物の名前で、その木から採れる染料でものを染めると黄色になるのだという。このときは、この色の名前の由来を知ってひとまず腑に落ちたのだけれど、なんといえども書くのが難しいこの名前、毎度キハダだったかキワダだったか読みためらいがちなこの名前は、消えも流れもしない小さな浮雲のようにぼんやりと私の中に居残っていたのである。

 かくいういきさつ、偶然と偶然の重なり合いで私は『黄檗』という、むつかしい駅に降り立ったのである。

manpuku_temple_01.jpg

 日本の三大禅宗は、と訊かれて臨済・曹洞・黄檗と答えるのはもしかしたら常識なのかもしれないが、私はこの三つ目を存じ上げなかった。

 おうばく、と読むこの駅から東へ坂をのぼると、萬福寺というお寺があった。駅前の地図で見る限り、周りとの縮尺からずいぶん大きなお寺だとわかる。京都でいえば龍安寺のおとなりの仁和寺くらいの広さだろうか。お寺の玄関、総門の前に立つと、その傍らに「黄檗宗大本山 萬福寺」と彫られた石柱が立っていて、この門の先がいかに厳かな場所であるかを伝えている。このあたりの地名を調べても黄檗という文字はめっきり出てこないから、先の駅の名はおそらくこの萬福寺にちなんでつけられたものだったのであろう。

manpuku_temple_03.jpg

 黄檗宗とは、今から三、四世紀ほど前、ちょうど江戸幕府の政治が戦国の血なまぐささを捨てて、いわゆる文治政治に落ち着いた将軍家綱の頃、中国から日本に移入された禅宗のことである。京都や鎌倉の五山はかつて巡ったことがあって、これら臨済宗・曹洞宗は鎌倉時代に紹介された”鎌倉新仏教”として記憶しているけども、それに比べれば黄檗宗は歴史がそう長くない。もちろん歴史の浅さだけが理由ではないが、このお寺のいたるところどこかしこに、中国明代を感じさせる習慣、いや私たちにとっては微妙な異国情緒を感じさせる風景がいまだ息づいているのである。

manpuku_temple_04.jpg

 思わず写真に収めた入口の総門も、日本のお寺に見慣れた私にはものめずらしく映る佇まいで、朱塗りの門扉、牌楼と呼ばれる段違いの瓦屋根、そして屋根瓦の両端を守るしゃちほこにも似た不思議な生き物、地続きであるはずのない異国が目の前にあるようで不思議な感覚を抱かせるのである。いつか画面を通して見た、韓国か中国の大陸の仏教の佇まいが目の前にあるのである。

manpuku_temple_02.jpg manpuku_temple_05.jpg manpuku_temple_07.jpg
Copyright 2017 TorisFactory.com YUUKI Toriyama All Rights Reserved.
posted by Y.Toriyama at 00:00| Comment(0) | 電車

2018年04月10日

遠くで汽笛を聴きながら〜尻手短絡線〜

shitte_station_01.JPG

望遠レンズゆえの圧縮効果で、ものすごく深い谷をのぼってくるような写真に見えているが、実際は多摩川の水が均した平らな町・川崎を走る南武線の一枚である。

東京近郊の路線図を見て、この辺りへ初めて来た人には川崎・尻手・八丁畷あたりのトライアングルはだいぶ込み入った路線に見えるらしい。確かに川崎駅から下り立川ゆきに乗って尻手へ向かうと、駅の手前で左手から何やら線路が合流して、しばらく複々線のようになるから意外である。ただ、列車が発ってしばらくすると、次の矢向に着くすぐ前に線路は再び離れていって、もとのとおりの複線に戻るのだから、あれは何だったのかと不思議である。

shitte_station_02.JPG

尻手のあたりは国道一号線を渡る都合もあってか、うずたかい盛土のうえにつくられている。だから隣の川崎駅や矢向からは、坂をのぼってくるようなのである。

踏切にせずにわざわざ高いところに駅をつくったのは、おそらくであるが、ここ川崎が産業の町であったからである。いまでは南武線を立川から直通する貨物列車も無くなってしまったが、ここはかつて電気機関車と貨物の行き交う貨物の街道であった。橋上の線路では石炭・石灰石など原材料を運び、下の道には工場で作った工業製品をトラックでとめどなく走らせる。そんな思想がこの尻手の複々線をつくったのではなかろうか。

今ではもうもてあましたように暇な線路に、時折貨物列車が通るとき、高度経済成長期の残響をレールの音に聴くのである。

2018年2月27日 鳥山 柚樹

posted by Y.Toriyama at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電車