2017年05月16日

二つの古都、走る路面電車

IMG_5740.JPG
 あら早いわね、藤沢行きがもう来たわ。

ちょっと戸惑って、ああ、なんだ。よくみれば、いつもの北野白梅町ゆきの嵐電北野線でした。

してやられた、と少しくちびる噛んだのですが、こうして色とりどり、さまざまな装いの見られる嵐電は楽しいものですね。

 薄いか濃いかでいえば、深いむらさきいろした一両編成。これが嵐電のトレードマークですが、濃いみどりにベージュの帯して走る電車はどこか見覚えがあるけれど、ここではない。きっかけは、どちらも"古都"を走る路電どうし、といったところでしょうか。東と西でずいぶん離れた、江ノ電と嵐電ですが、いちおう二人は姉妹ということなのだそうです。


 本当の姉妹ではないけれど、遠く離れて、といって連想の糸をつないでゆくと、鎌倉を舞台にした小説「山の音」を書いたのは川端康成でしたが、川端さんの作品に「虹いくたび」という作品があったのを思い出します。主人公と言ってしまうと語弊がありますが、作品をつくるのは若い三姉妹。しかし、実は三人とも父親は同じで母親がそれぞれ違う、いわゆる腹違いのきょうだいなのです。そして、わけあって末の若子だけは京都で生まれ育ち、自分の知らない妹がいることをそれとなく感じた二女の麻子が、東京からはるばる京都へと妹を探しにくる、というところから始まるお話だったと思います。

 もちろん永く歴史の舞台とされた京都の街は、何かと作品のモチーフにされがちなものですが、ただ観光の名所を並べただけで通っているそれらとは違って、川端さんのじっくりとした観察の眼、そして流麗かつ簡潔な筆づかいによって、京都の風物がありのままに、そして全体に効果を与えるようにきれいに切りとられていたように思います。


 川端さんと呼んでいるのは余りになれなれしいようですが、川端さんのほかの作品である、京北の北山杉の里を舞台にした「古都」へと読書の散歩みちをのばしてみても面白そうです。ただ、こんな折ですから、何度も読みかえしてセリフの逐一までおぼろげながら覚えてしまった「虹いくたび」を、またはじめからページを繰ってみたいと思うのです。


2017/5/7
posted by Y.Toriyama at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月21日

中央東線の旅〜眼下に広がるいなほのこがね

ChuoEastLine_Torisawa_07.JPG

ChuoEastLine_Torisawa_06.JPG

       先のダイヤ改正では高尾発長野行きの普通電車が設定されたそうで、歴史を感じさせる国鉄系211系での長旅は、東海道本線の熱海以西の鈍行しか走っていないエリアの各駅の旅を思わせる。

       海か山かという問題にしてしまえば、それこそ人のすき好きであるが、街道沿いのひらけた感じより、みどり間近かに自然を楽しめ、さまざまな地形のうえを走ってゆくのが面白いと思う私には、中央本線のほうがより好みである。

ChuoEastLine_Torisawa_05.JPG

       青と水色のツートンカラー、爽やかさというよりスーパーあずさのE351系に通じているような上品な色をひいた211系の6両編成が高尾からさき、山梨・長野を目指して進んでゆく。列車は高尾を出ると小仏峠をトンネルで超えてゆき、相模湖をでて左手に湖にかかる美しい白の橋を見る。湖を離れて、いくつかトンネルを抜けて、上野原、四方津のあたりから桂川を窓辺に見て、列車はしばらく川沿いをゆく。きっとおそらく、桂川が長いとしつきをかけてつくった河岸段丘の上に暮らしがあって、そのわきのあたりを中央線は走っているのだろう。

       永く川べりを走っていると、天気が悪く見晴らしの良くない日などには、ガラスの向こうも曇ってしまって、ため息をつきはじめることもあるだろうけども、ぼんやりとつまらなく外に目をやっているのを驚かせる景色が鳥沢を過ぎたところにある。

       電車が鳥沢鉄橋を渡る。秋の実のりの時季には眼下に広がるいなほのこがね。曇りぞらの日には桂川に削られた谷に立ちこめる霧と雲。少し言いすぎても構わないのなら、鉄橋を渡るあいだだけの短い風景は、都会を忘れてやってきた桃源郷を見たかのようなものである。

鳥山 柚樹

posted by Y.Toriyama at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電車

2017年03月31日

秋色の電車が通る〜南武線開業90周年

    三番線がわのベンチから、じっくりとE233系8000番台のまだ新しい車体を眺めつつ、南武線のこれまでとこれからに思いを馳せている。

    東京と神奈川のさかいめ辺りを走っている南武線が、今年で90周年を迎えるというので、遠出のついでではあるが、途中の武蔵中原駅で降りてみた。
    川崎と立川を結ぶ35.5kmの南武線には、横浜線の「はまかいじ」のような特急の設定はなく、昔のように青梅線に直通する臨時列車は季節が限られごくわずかになっている。昔は青梅線の奥多摩や、中央本線・長野方面と東京湾臨海部とを結ぶ貨物路線としての色合いも濃く、電気機関車がじっくり引っ張るながい長い貨物が昼夜行き来していたと聞くのだが、今では並行する武蔵野貨物線のほうがずっと便利で、この南武'本'線を走っているのは中央線の快速と各駅のあいのこのような、秋を思わせるカラーリングの6両編成だけである。15分置きくらいの普通電車と時々気まぐれのような快速電車である。

90th_Anniversary_NambuLine_01.JPG

    電車の写真を撮ったり、見たりする人には、ちょっと物足りない路線かもしれないけれども、私は今の主力のE233系が出てくる前の、205系やE209系が仲良く顔をあわせるような頃から南武線を見知っていて、多少のおもいでも出来た。
    ひとには感傷と言われるようないくつもの思い入れがあったりするから、こんな折に再び訪ねてみようと思ったのかもしれない。


90th_Anniversary_NambuLine_03.JPG 90th_Anniversary_NambuLine_05.JPG 90th_Anniversary_NambuLine_04.JPG

2017年3月9日 Y.Toriyama

posted by Y.Toriyama at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電車