2017年06月23日

宇宙(そら)に一番近い場所〜小海線・野辺山高原

 JR小海線は中央本線の小淵沢と、かつての信越本線の小諸とを結ぶ、単線・非電化のローカル線である。小諸と言えば、浅間のふもと軽井沢のお隣で、詩人・島村藤村も足跡をのこした土地、おとずれてみたい街であるが、小海線には「八ヶ岳高原線」と愛称がつくほどで、出発駅の小淵沢から連峰をのぞみつつ、ゆっくりゆっくりと八ヶ岳のふもとの緑鮮やかな林のなかをずっとのぼってゆく。白樺林のなか、ふと気まぐれに小さな家が見えたりして、南の軽井沢とでもいいたくなる。

 こうしてディーゼルに揺られて八ヶ岳を目指すのは初めてなのであるが、この先にJR線の最高地点があるということは有名で聞いていた。黒部峡谷鉄道などを除けば、日本で一番高いところを走る列車である。その最高地点というのは、小淵沢から30分ほどの野辺山駅の直前にあって、車内のアナウンスでも話してはいたのだが、肝心なその標高は書きとめておけなかった。というのも、山肌の形をうつすように緑の濃淡をなした八ヶ岳と、そのふもとに広がる畑の中に立って大きな空を見上げている白いパラボラが、高原らしい晴れのなかでなんともいえぬ調和、ひとつの景色をつくっていたからである。

Nobeyama_Radio_Observatory_04.JPG

 野辺山高原におかれたこのパラボラは、ミリ波電波望遠鏡と呼ばれるもので、遠い宇宙で発せられた光のようなとても弱い電波を観測するためのアンテナで、直径が45mもある。宇宙というのは広すぎて、光の伝わる速さを物差しに使うのだが、光の速さは有限である。つまり、遠いとおい宇宙のことがわかるということは、とおい昔のことがわかるということと同じである。野辺山のこの宇宙望遠鏡よりも、大きさだけでは世界にもっと大きなものはあるのだが、繊細な技術によって常にアンテナの形がきれいに整えられているために、世界でもこの上ない精度で昔の宇宙の姿を知ることができるそうである。

  ディーゼルの匂いも味わい深く、野辺山の駅に降り立ってみると、空だけでなくて、初夏らしく心もはればれとしてきたようで、駅前で自転車を借りて、広々とした畑と青空のあいだをのびのびと駈けてみたいと思ったりしたのが、新鮮だった。高原に住む人たちの暮らしはおよそ駅の周りに集まっていて、視界のつづくかぎり点描画のようにきれいに緑の並んだ畑が広がっているようである。そのなかに電波望遠鏡のような大きな機械が立っているのは不釣り合いで異様な景色かと想像するのだが、どういうわけか風景の一部に溶け込んでいるのである。そらに向かって立つパラボラ、ここが天に一番近い場所だからであろうか。

Nobeyama_Radio_Observatory_05.JPG

 かんたんな望遠鏡で見られる宇宙を浅い宇宙とすれば、この野辺山の45m電波望遠鏡は深く遠い宇宙をみるために使われているそうである。小淵沢の駅は881mで、野辺山駅のホームには1345mとあったから、周囲を山に囲まれたこの高原は、比喩でなくても都会と切り離されていて、にぎやかな都会の電波が聴こえにくく、しずかに宇宙に耳を澄ませるには他にない場所なのだという。

 八ヶ岳のほうに陽が沈んで、一番星、そして二番目と星を追っていると、高原の広い空はいつのまにか天高くきらめきを散りばめたような静寂に包まれる。野辺山という、そらに最も近い場所に座って、遠い宇宙からのかすかなメッセージを聴こうとするとき、いまもこうして夜空のどこかで私たちと同じように遠い彼方を探りあっている我々がいるようにも思えてくる。

鳥山 柚樹

Nobeyama_Radio_Observatory_01.JPGNobeyama_Radio_Observatory_02.JPG
posted by Y.Toriyama at 08:00| Comment(0) | 日記

2017年05月26日

ロマンスをもう一度

Romance_Car_Odakyu_05.JPG

東京の私鉄のなかでもっとも幅広く有料特急を走らせているのが、小田急電鉄ではないか。

ロマンスカーの名前で有名な同社の特急電車はその数も多く、カメラを持っていない日でも、沿線のカフェにでも入ってくつろぎながら列車ウォッチングができる楽しい路線である。

Romance_Car_Odakyu_01.JPG

新宿を起点とする小田急線は、東京都を横切り、多摩川を渡った後は神奈川県に入り、途中枝分かれして、一方は藤沢・江の島方面へ、もう一方は箱根の山を目指して西へ進み、小田原・箱根湯本方面へ進んで行き、一部はJR東海の御殿場線経由で富士山の東山麓である御殿場まで乗り入れる列車もある。

小田急ロマンスカーのうち、湘南の海を目指すのは「えのしま」、相模の国を走り抜けて、歴史の町小田原を目指すのは「さがみ」、さらに箱根登山鉄道に乗り入れて山を上っていく列車には「はこね」の愛称がそれぞれつけられている。ロマンスカーのCMでよく見る美しい景色はこのはこねではないか。また、2・3時間おきに運行されている御殿場線乗り入れの特急には「あさぎり」という、何ともいえない旅情を漂わせる名前がついている。

使われている車両もいろいろな世代とカラーリングがあってそうした違いが思わず目を楽しませる。

朱色と言ったほうが正しいのか、赤色は長いことロマンスカーの伝統となってきた色である。21世紀に入ってから登場した車両も含めてすべての車両が、朱色の細帯を身にまとっていて、普通電車とは一味違った、特別な旅、ロマンスを感じさせるようなデザインになっている。

また、近いうちには車体、そしてそのよそおいを一新したリニューアル車が登場することも公式に発表されていて、さらに鉄道ウォッチングが楽しくなること、間違いなしである。


ちょっと都会の華やかさに置いてゆかれてしまったな、忙しさにため息が続いているな、なんてときには、ロマンスカーでちょっと遠くへ足を延ばしてみるのも素敵な日になるのかもしれない。

Romance_Car_Odakyu_04.JPG
Romance_Car_Odakyu_02.JPG
posted by Y.Toriyama at 07:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 電車

2017年05月16日

二つの古都、走る路面電車

IMG_5740.JPG
 あら早いわね、藤沢行きがもう来たわ。

ちょっと戸惑って、ああ、なんだ。よくみれば、いつもの北野白梅町ゆきの嵐電北野線でした。

してやられた、と少しくちびる噛んだのですが、こうして色とりどり、さまざまな装いの見られる嵐電は楽しいものですね。

 薄いか濃いかでいえば、深いむらさきいろした一両編成。これが嵐電のトレードマークですが、濃いみどりにベージュの帯して走る電車はどこか見覚えがあるけれど、ここではない。きっかけは、どちらも"古都"を走る路電どうし、といったところでしょうか。東と西でずいぶん離れた、江ノ電と嵐電ですが、いちおう二人は姉妹ということなのだそうです。


 本当の姉妹ではないけれど、遠く離れて、といって連想の糸をつないでゆくと、鎌倉を舞台にした小説「山の音」を書いたのは川端康成でしたが、川端さんの作品に「虹いくたび」という作品があったのを思い出します。主人公と言ってしまうと語弊がありますが、作品をつくるのは若い三姉妹。しかし、実は三人とも父親は同じで母親がそれぞれ違う、いわゆる腹違いのきょうだいなのです。そして、わけあって末の若子だけは京都で生まれ育ち、自分の知らない妹がいることをそれとなく感じた二女の麻子が、東京からはるばる京都へと妹を探しにくる、というところから始まるお話だったと思います。

 もちろん永く歴史の舞台とされた京都の街は、何かと作品のモチーフにされがちなものですが、ただ観光の名所を並べただけで通っているそれらとは違って、川端さんのじっくりとした観察の眼、そして流麗かつ簡潔な筆づかいによって、京都の風物がありのままに、そして全体に効果を与えるようにきれいに切りとられていたように思います。


 川端さんと呼んでいるのは余りになれなれしいようですが、川端さんのほかの作品である、京北の北山杉の里を舞台にした「古都」へと読書の散歩みちをのばしてみても面白そうです。ただ、こんな折ですから、何度も読みかえしてセリフの逐一までおぼろげながら覚えてしまった「虹いくたび」を、またはじめからページを繰ってみたいと思うのです。


2017/5/7
posted by Y.Toriyama at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月21日

中央東線の旅〜眼下に広がるいなほのこがね

ChuoEastLine_Torisawa_07.JPG

ChuoEastLine_Torisawa_06.JPG

       先のダイヤ改正では高尾発長野行きの普通電車が設定されたそうで、歴史を感じさせる国鉄系211系での長旅は、東海道本線の熱海以西の鈍行しか走っていないエリアの各駅の旅を思わせる。

       海か山かという問題にしてしまえば、それこそ人のすき好きであるが、街道沿いのひらけた感じより、みどり間近かに自然を楽しめ、さまざまな地形のうえを走ってゆくのが面白いと思う私には、中央本線のほうがより好みである。

ChuoEastLine_Torisawa_05.JPG

       青と水色のツートンカラー、爽やかさというよりスーパーあずさのE351系に通じているような上品な色をひいた211系の6両編成が高尾からさき、山梨・長野を目指して進んでゆく。列車は高尾を出ると小仏峠をトンネルで超えてゆき、相模湖をでて左手に湖にかかる美しい白の橋を見る。湖を離れて、いくつかトンネルを抜けて、上野原、四方津のあたりから桂川を窓辺に見て、列車はしばらく川沿いをゆく。きっとおそらく、桂川が長いとしつきをかけてつくった河岸段丘の上に暮らしがあって、そのわきのあたりを中央線は走っているのだろう。

       永く川べりを走っていると、天気が悪く見晴らしの良くない日などには、ガラスの向こうも曇ってしまって、ため息をつきはじめることもあるだろうけども、ぼんやりとつまらなく外に目をやっているのを驚かせる景色が鳥沢を過ぎたところにある。

       電車が鳥沢鉄橋を渡る。秋の実のりの時季には眼下に広がるいなほのこがね。曇りぞらの日には桂川に削られた谷に立ちこめる霧と雲。少し言いすぎても構わないのなら、鉄橋を渡るあいだだけの短い風景は、都会を忘れてやってきた桃源郷を見たかのようなものである。

鳥山 柚樹

posted by Y.Toriyama at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電車

2017年03月31日

秋色の電車が通る〜南武線開業90周年

    三番線がわのベンチから、じっくりとE233系8000番台のまだ新しい車体を眺めつつ、南武線のこれまでとこれからに思いを馳せている。

    東京と神奈川のさかいめ辺りを走っている南武線が、今年で90周年を迎えるというので、遠出のついでではあるが、途中の武蔵中原駅で降りてみた。
    川崎と立川を結ぶ35.5kmの南武線には、横浜線の「はまかいじ」のような特急の設定はなく、昔のように青梅線に直通する臨時列車は季節が限られごくわずかになっている。昔は青梅線の奥多摩や、中央本線・長野方面と東京湾臨海部とを結ぶ貨物路線としての色合いも濃く、電気機関車がじっくり引っ張るながい長い貨物が昼夜行き来していたと聞くのだが、今では並行する武蔵野貨物線のほうがずっと便利で、この南武'本'線を走っているのは中央線の快速と各駅のあいのこのような、秋を思わせるカラーリングの6両編成だけである。15分置きくらいの普通電車と時々気まぐれのような快速電車である。

90th_Anniversary_NambuLine_01.JPG

    電車の写真を撮ったり、見たりする人には、ちょっと物足りない路線かもしれないけれども、私は今の主力のE233系が出てくる前の、205系やE209系が仲良く顔をあわせるような頃から南武線を見知っていて、多少のおもいでも出来た。
    ひとには感傷と言われるようないくつもの思い入れがあったりするから、こんな折に再び訪ねてみようと思ったのかもしれない。


90th_Anniversary_NambuLine_03.JPG 90th_Anniversary_NambuLine_05.JPG 90th_Anniversary_NambuLine_04.JPG

2017年3月9日 Y.Toriyama

posted by Y.Toriyama at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電車